staff

スタッフ紹介

管理者 兼 児童発達支援管理責任者
チーフ
川畑先生(理学療法士)

『子どもの気持ちを大切に』

誰でも初めてやることや苦手なことに対しては、不安になったり後ろ向きな気持ちになりがちです。
子どもたちは、大人が思う以上に不安な気持ちは大きいと思います。
ですが、それを乗り越えるために必要な小さな一歩を少しでも前へ出せるようなお手伝いができればと思っています。
できたことは共に喜び、できないことはできる為のサポートを考え、子どもたちの成長を感じながら、楽しく一緒に過ごせたらと思います。
また、子供の成長段階に合わせて必要な身体つくりを基本として、子供の可能性を広げてあげたらと思います。

 

 

療育職員
大海先生(保育士)

『安心できる環境づくり』

子ども達の成長には、安心して過ごせる環境が大切になってくると思います。

子ども達の中には、環境の変化に敏感な子や初めてのことが苦手で不安になる子もいます。

そういった子ども達が楽しく1日を過ごせるように笑顔で安心感を与えられる療育者を目指したいと思います。

 

療育職員
靏先生(理学療法士)

『成長できる場所』

成長するためには日々の積み重ねが大切だと思っています。
小さなことでも「出来た」を通して自信を持ってもらい、色々な事に挑戦できるような環境作りをしてきいたいと思います。
1日1日を大切にし、私も子供たちと一緒に楽しく、成長していきたいです。^_^

 

リーダー
友田先生(保育士)

『出来るをカタチに』

日々の生活や体験を通して初めてをたくさん経験している子どもたち
その中では思うようにいかないことや初めてのことで不安になってしまったりすることも出てくると思います。

本人がどのようなことに困っているかを考え、スモールステップで出来る体験を増やすことで自信に繋げていけるお手伝いをしていきたいと思っています
また「できた」体験を増やすことで難しいこと、苦手なことにも挑戦してみよう!と言う気持ちが生まれるよう支援していきます。

子どもたちの笑顔を大切に楽しく関わっていけるようにしていきたいと思っています。^_^

 

副主任
金丸先生(保育士)

「やればできる!小さないっぽの積み重ね」

私は子ども達が楽しく療育に通える居場所づくりができるよう日々試行錯誤しています。

「できない」「やりたくない」のネガティブワードを「できた!」「やってみたい!」と成功体験を重ね

保護者様と一緒に子ども達の「できた!」を共有していきたいです。

 

療育職員
太田先生(保育士)

「一人一人の個性を大切に」

子どもたちは一人一人性格に違いがあり、色々な個性を持っていると思います。
これから沢山色々な経験をし、日々大きく成長していくのを保護者様と一緒に見守っていけたらと思って思っております。
成長過程で、一人一人の個性を大切にしながら楽しく安心して過ごしてもらえる環境づくりをし、子どもたちと楽しく沢山の「できた!!」を増やしながら関わっていきたいと思います。

 

主任
竹下先生(作業療法士)

【“ できた! ” と “ 笑顔 ☺ ” を】

私は、療育に携わらせて頂いていることへの感謝の気持ちを忘れずに療育を行い、お子様・保護者様・療育者全員にプラスになるような活動を行っていきたいと思っています。

その中で私が1番大切にしている想いは、お子さまが発揮できる最大限の能力を引き出す療育を行っていきたいということです。

療育を行っていく中で、療育者が児童の限度を決めてしまっていることがあるのではないかと考えたことがあります。“療育を楽しんでもらうこと”“成功体験をたくさん積んでもらいお子様の自信につなげていくこと”を大切にしながら、限度を決めるのではなく挑戦する心を忘れずにお子様の視野・興味関心を広げ、たくさんの“できた!!”とたくさんの“笑顔☺”につなげていきたいと思っています。

 

療育兼事務
堀之内先生(指導員)

【笑顔のある毎日を(^^)】

小児神経・発達外来のある小児科で働いた経験があり、自身も2児の母として過ごす中で、様々なケースに出会いました。
日々を笑顔で過ごせるよう、お子様やご家族の方それぞれの「困り感」に対し寄り添い、軽減するお手伝いができたらなと思っています。
そして、皆様にとって太陽のリハげんきが「安心して過ごせる場所」となるよう、努めて参ります。